FC2ブログ
                
updated date : 2018/03/08

視野

これはある霊能者から聞いた話である。

人間には視野というものがある。

普通の人間で、だいたい90度~100度くらい。

しかし、目が顔の横に付いている動物の視界は人間よりも遥かに広い

視野を持っているらしい。

つまり、人間は、前から攻撃や防御には優れているが、それ以外の

約270度くらいが、まるで見えていないということである。

これを、霊が見えるとか見えないとかの話に置き換えてみると、話はとても

単純らしい。

人間というのは、ごく日常的に霊を見ているらしい。

ただ、霊というのは、ちょうど視界の境界ギリギリの場所にいるらしく、

何か気配がする、と感じた時には、かなりの確率でその視界のギリギリの場所に

映り込んでいる。

そして、それはカメラの場合も同様らしい。

よく心霊動画といわれるものを見ていると、カメラが急に別の場所を映した

瞬間に映りこんだり、カメラの移動中に映り込んでいる場合が確かに多い。

霊も急なカメラアングルの変化に対応出来なかったのかもしれない。

では、何故カメラには動画として映りこむのに、なかなか人間の目には

霊が映りこまないのか?

それは、やはり人間という生き物が、有形というものを見てはいけない

畏敬の存在として無意識のうちに避けているからだそうだ。

だから、どうしても霊の姿を見たい、という強者がいるとしたら、その為には

訓練によって目を左右に動かし視界を広げれば良い。

そうすれは、もしかすると、見たくない、後悔するようなモノが見えてしまう

かもしれない。

ただ、俺はその話を聞いたとき、少し疑問に感じた事がある。

それは、霊を見るのは、真横や背後だけではない、ということ。

明らかに、前方に立ちふさがる霊の姿を何度も目撃していると、そんな場合、

望まなくても霊は見えてしまうのだから。

すると、こんな答えが返ってきた。

そういう見え方をする霊は、何か用事があって目の前に現れたか、もしくは

危害を加えようとして出てきた霊のどちらかだ、と言われた。

そして、それがもしも前者の場合は怖いが実害は無いという、タイプだが、

後者の場合は、とにかくすぐにその場から逃げなければいけない。

そう言われた。

そんなのに出くわして簡単に逃げられると思う?

と聞くと、

簡単じゃないだろうけど、逃げるしかないでしょ?

だって、そのまま霊と対峙してたら、下手すると殺されちゃうから・・。

簡単じゃないだろうけど、逃げるしか選択支は無いから・・・。

だから、死ぬ気で逃げなきゃね!

そう言われた。

もしも、お手軽に霊の姿が見たいというのなら、突然振り返ってみるのも

ひとつかもしれない。

それくらい、霊というのは身近に普通に、存在しているものなのだから。


コメント

非公開コメント