〈style〉 a:visited {color:#333;} 〈/style〉
                
updated date : 2018/04/12

解いてはいけないもの

語り人Kです。

皆様、お疲れ様です!

昨日までの3部作は如何だったでしょうか?

コメントでは、嬉しい反応が多かったのですが・・・。

そういえば、コメントで、よく言われることがあります。

本を出したりブログを書いていたりするんだから、

もう既にAさんにバレてますよね?

というものですが、元々、Aさんは教師であり大変

忙しく、趣味も多彩ですので、私の本屋ブログの事など

知る由も在りません。

そして、私と同じようにホラー映画も怖い話も怖くて

見られないタイプですので、ご心配なく(笑)

ちなみに、富山の住職だけは知ってますね。

全て。

まあ、ぺらぺら喋るタイプでもありませんので、

Aさんや姫の耳に入る心配はしておりませんが(笑)

ということで、今夜もいってみましょうか。

怖くない話。

それでは、どうぞ!




コンピュータは元々は戦時中に敵国の暗号を解読する為に

 

発案し作られたというのは有名な話である。

 

そもそも暗号というものは、記号や数字、そしてアルファベットなどを

 

組み合わせ、相手にその内容を悟られずに味方と連絡する為のものだ。

 

そして、そこには、必ず、暗号を解読する為のルールが存在する。

 

そして、確かに初期の暗号では、敵国の人間にその簡単なルールを

 

解読されてしまい情報連絡が筒抜けになる、といった事もあったようだ。

 

しかし、その後、暗号というものも進化を遂げ、色々なルールを

 

組み合わせる事で、より解読不能なものになっていく。

 

確かに人間が作ったものであるからそのルールを見破り、意味を解読

 

してしまう事もありそうに思えるが、実際にはドラマやアニメのように

 

暗号をコンピュータの助け無しに解読する事は、ほぼ不可能と

 

いって良いのかも知れない。

 

そして、実際に古代から現代に至るまでの間に作られた暗号で、いまだに

 

解読出来ていないものも数多く存在している。

 

そして、その逆の場合も確かに存在している。

 

それは解読してはいけない暗号。

 

実は、これもAさんから教えてもらった事となのだが、その暗号を

 

解読してしまうと、すぐに絶命してしまうという。

 

そして、俺もその暗号というものをAさんに見せられたことがある。

 

俺の頭脳程度なら、さすがに解読出来ないだろうと・・・。

 

しかし、どうやら俺はその暗号を半分ほど解読してしまったらしく、

 

Aさんが慌ててストップを掛けたのを鮮明に記憶している。

 

ここで、その暗号を具体的に書く事は、絶対にしないが、それは

 

数字とアルファベットの簡単な掛け合わせだった。

 

解読すると、ある単語が、導き出されるのだが、どうやら、その暗号は

 

戦時中に実際に使われた物であるらしい。

 

そして、結論から言うと、その暗号は敵国に簡単に解読されてしまい、

 

大勢の兵が命を落とした。

 

そして、その暗号を作り出した兵士も、後を追う様に、自ら命を絶ったのだ。

 

そして、その暗号だけが呪いを伴って現在まで行き続けている。

 

だから、もしも、暗号を解くような事があっても、数字とアルファベッドが

 

掛け合せられた暗号には手を出さないほうが良い。

 

最初の文字は、Eから始まり、そして数字の3で終わる。

 

そんな暗号には近寄ってはいけない。

 

勿論、解かなければ何も問題はない。

 

しかし、俺でも半分は解いてしまったらしいので、きっと頭の良い人

 

なら簡単にその数字とアルファベッドに隠されたルールに気付くだろう。

 

そして、万が一にも、その暗号を解いてしまった場合には、とにかく

 

自分の両目を潰すしか、死から逃れる術は無いらしい。

 

両目を潰して、もう二度とその暗号を見ないと証明して見せれば

 

死だけは免れるらしい。

 

しかし、普通の人間に自らの両目を潰す事など出来るはずもない。

 

そうなると、待っているのはもう・・・。

 

まず、その暗号を解いた時に喜びという感情よりも、酷い後悔に襲われる。

 

そして、それからは、ずっと常に誰かに見られている気配を感じる。

 

そして、3日以内に、心不全によって亡くなってしまうのだという。

 

それは、暗号を作り、懺悔と後悔の中、自決した兵士が、ずっと

 

暗号を解いた者が他言しないかを見ているのかもしれない。

 

そして、3日以内に・・・。

 

そして、ここまで聞いて俺はまた疑問に思った点があった。

 

それは、その暗号を俺に見せた時、確かにAさんは、

 

これ以上やると、危ないですから、もう辞めておきますね。

 

半分は解いてしまったみたいですから・・・。

 

そう言ったのだ。

 

それならば、もしかして、Aさんは、その暗号の答えを知っているのではないか?

 

いや、そうでなければ、説明がつかなかった。

 

だから、俺はAさんに聞いた。

 

もしかして、Aさんは、その暗号の答えを知ってるの?と。

 

すると、Aさんは、顔色1つ変えずに、

 

ええ・・・まあ、知ってますけどね・・・。

 

と言った。

 

だから、俺はAさんにこう聞いた。

 

それじゃ、Aさんは3日以内に死ぬの?と。

 

すると、

 

馬鹿じゃないですか?

 

私がもしも答えを知っていることで3日以内に死ぬのだとしたら、Kさんが

 

解読しようとするのを止める訳ないじゃないですか?

 

というか、死出の旅路の雑用係りとしてKさんを連れて行きますから!

 

だから、この答えを知っていても死ぬ事はありません。

 

他人から答えを教えてもらったんじゃ駄目なんですよね。

 

あくまで、自分の力で解読しないと・・・・。

 

でもね。私にこの暗号の答えを教えてくれた方は、残念ながら亡くなりました。

 

私に答えを教えた翌日に・・・。

 

心不全だったみたいです。

 

だから、その人はきっと自分で解いちゃったんでしょうね。

 

その暗号を・・・・。

 

そう言っていた。

 

やはり、この世の中には触れてはいけない物がまだまだ沢山あるということだ。

コメント

非公開コメント

怖すぎですね!!!
最近ナンプレにハマってるのでもうこうゆうのやばいです
けど、絶対に解かないでおきます
暗号は検索しません一生解きません
たぶん見たら解きたくなるので性格的に…
安全なナンプレまでにしておきます
ほんとになんでこのようなものがこの世に存在するんだか…
知的好奇心を刺激するような類は本当にやめてほしいですね…
私にとっては霊より大変悪質ですね(^^;
気をつけます
一生解きません(ここで誓わないとやばい)


あ、Aさんには完全にバレてると思ってました(笑)

こんにちは。

もうすぐ、こんばんはですね。

あれ?この内容…ありましたっけ?

まぁ~、私の頭の中は…ちょっと、解読とか向いてないからダメですね。

得に数字とか…関係性とかは何となく解る。

でも、これって所がダメなんだよね。

数学のテストとかも数式とか数字の入れ方とかは理解出来るのに…なんか計算が上手く出来ないんだよね。

でも、何となく答えの数字は…解ったりする。

感覚的な?ですよね。多分。

でも、計算が出来てないので…ギリギリ赤点を免れる程度しか取れてなかった。

歴史とかは覚えるだけだから時間のある時はよく覚えたな。

日本の人物のが覚えられなかったけど。

でも、ひらめきとかのクイズとかは好きですよ。

危ない解読は関わりたくないですね。

心不全

K様 読者の皆様
こんにちは、ばばろあです。

暗号に潜む呪い、実在するんですね。
ばばろあ、解読する自身はございません。
でも、脱出ゲームとか好きですね。
(すぐメ欄読むけど)
死因が判らないと心不全っていうと聞いたことがあります。
最近、テレビなどで死亡に関するニュースを目にすると、実は霊や呪いが関係してるんじゃないかと思ってしまいます。
怪談の読みすぎかしら。

昨日は「もし闇塗怪談を実写化したら誰に演じてもらうか」で盛り上がりました。
あえてここでは発表しませんが、新しいご提案をお待ちしております。
あ、ちなみに主人公K様は”高橋一生”さんで固定します。

以上!散ってる桜の花びらをダイレクトに捕まえるのが難しいお年頃のばばろあでした
m(_ _)m

やばいですねー

Kさん、今日も更新ありがとうございます。
また、知ってはいけない怖い系ありがとうございます。

私もSEとして自作も含めた暗号化を色々としてます。
暗号化は、解読出来るものと、解読出来ないものがありますが、
解読出来ない系のものは、パスワード等、全く同じフレーズを入れないと一致しないという場合に使用されます。
なので自分のパスワードがわからなくなった。と問い合わせても管理側でもわからないので、
パスワードの再設定で解消させるしかないんですね。

専門的な事はさておき、
多くの技術は戦争で発展するという悲しい歴史がありますね。
これも人の性なんでしょうか。
過去には長距離弾道弾の軌道計算とかの仕事もありましたけど、
人を傷つける可能性があるので、しませんでした。

でもこんな事で呪われるものがあるとは驚きました。
やっぱ人の念って独り歩きするんでしょうか。

私も自分の念を色々といれてみようとした事ありましたけど、
それが独り歩きして自分に災いになるのもコワイので、
お笑い系の念を入れようとした事がありました。ダメですかね。
人形が勝手に漫才し始めたら面白いかなと・・・。
下らない事言ったら、コケる人形とか・・・。

Eで始まり3で終わる。
コンピュータですとよくありますけど、
アナログで見かけた時には注意します。

>あつちんさん
そのお気持ちよくわかります。
また、隣の住人が通報したとも思われたくないですね。
時間をずらして固定電話や公衆電話等で匿名で警察に電話してみてはいかがでしょうか?
「たまたま道を歩いていたらあのマンションで悲鳴が聞こえたんですけど」
みたいな感じで。
余り関係したくないですが、お隣が事件になっても困りますよね。
よくある事でしたら、お考えください。

>浮かれとんちき3等兵さん
そのお話し怖いですねー。そんな妄想好きです。

通報してあげて〜

>あつちんさん。
いやいや、早く通報してあげてよ。早く手を打たないと・・・DVで殺された女性のすすり泣きが夜な夜な隣の空き部屋から聞こえる・・・耳をすますと、「どうして通報してくれなかったの・・・」と言っている・・・という怪談が出来てしまいますよ。

>カイダンスキーさん。
「好奇心は猫をも殺す。」ですかね。私もこの名言を一度はカッコつけて言ってみたいのですがそんな機会が訪れそうもありません。

初めてコメントさせていただきます✨
いつも寝る前にベッドの中でこのブログを読むのが日課です!
いつも楽しみに拝読しています♪
怖い話と言えば…
今、マンションの隣の部屋から女性がやめて…と泣きじゃくる声と何かを叩く音と男性の声が(低い声で何て言ってるのか聞き取れない)が聴こえてきています。
ただのケンカならいいけど、DVとかだったらどうしよう…警察に通報すべき…?とどう対応するべきか分からずオロオロしてます。
ブログを読んでても泣き声が気になって全く頭に入ってきません(T-T)
1番怖いのは生きている人間なのかもしれないですね。

暗号💦

K様、お疲れ様です😆🎵🎵
暗号ですか…
うちも絶対解読できない‼️そんな自信があります💦
そもそも、考えるの面倒臭いから諦めちゃうしぃ~
でも、そんなものがこの世の中には存在する…ってことは、ちゃんと覚えておきます‼️
戦争っていう、悲しい歴史を繰り返さないためにも…

歴史を忘れた民族は滅びる・・・

語り人のKさん

夏も近づく八十八夜・・・新茶の季節、茶畑には風にたなびく遮光シートが張られ、その揺るぎは波の如し。

情報戦・・・敵の戦略情報を予め察知入手し先手を打つ・・・即ち先制攻撃・・・如何にして弾薬使用と人的被害を最小限にして、敵軍将兵の命を奪うか。
戦争とは、政治の延長戦の果てに武力を行使し、お互いの大義を是とし殺し合い奪い合う事・・・日常では重罪、けれども有事の際には、功労者となり得ますね。
我が国にも・・・そんな時代がありました。

暗号の歴史は戦略の歴史・・・この現代も人の眼には見えぬこの空間に、サイバーな戦火は渦巻いている事でしょう。

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。

3部作

お疲れ様でした!!
それにしても呪いの暗号ですか・・・
物や映像や家・土地とかと違って想像つかないなぁ。
解読された事を恨んでるでしょうね。
解読前にA様が止めてくれてよかったです!!

恐ろしい…。😱

K様、更新ありがとうございます。A姐さん、本物の悪霊にはビシバシ行かれるのに、作り物はダメなんですね。(^o^;)私もです。m(__)m今日の話も怖いです。(^o^;)「君子、危うきにちかよらず。知らぬが仏」この2つのことわざが思い出されました。あ、もう1つ。「好奇心が猫を殺す(でしたっけ)。何事も、適度があるようです。では、また怖くない怖い話をお待ちしております。m(__)m

晩ごはんは炊き込みご飯!

またまたこんばんは!3部作最後は良かったようですね!ま、私は彼女がぼろぼろの時点で読むのあきらめましたし、そんな読者も1人や2人いるってことですよ!心が痛いですから!さてさて暗号解読ですか?ちょっと違うがデスノートぽいですね!悪魔👿が流布したのかな?100%わたしは解けない自信がありますドヤ!