updated date : 2018/07/02

絵画

語り人Kです。


皆様、お疲れ様です。


先ず、初めに・・・。


全国の霊能者や神社仏閣の情報を沢山御寄せ頂いて


本当にありがとうございます。


頂いた情報は、間違いなく、まとめたうえで、相談者様に


伝えたいと思っております。


いつもながら、感謝の極み・・・です。


本当にありがとうございます!


いや、それにしても暑いですね。


しかも、台風までゆっくりと居座ってて・・・・。


昨日は、スーパーでアイスを大人買いしてあったのですが、


今日、帰宅すると、綺麗さっぱり無くなってました(涙)


ショックで呆然と立ち尽くす私を見て、大監督が、


氷なら、沢山あるよ!(笑)


と声を掛けてくれました。


というか、何で、お前はアイスで、お父さんが氷を


かじらなくちゃいけないの?(涙)


今日は、明日の夜中から開始されるサッカーの為に


さっさと寝てしまおう!


それでは、今夜もいってみましょう。


怖くない話。


それでは、どうぞ!









これは知人から聞いた話である。

 

彼は金沢市郊外に夫婦二人で住んでいる。

 

外に出るのが好きな彼とは対照的に、彼の奥さんは、家の中で

 

本を読んだり音楽を聴いたり、趣味の陶芸をしたりして過ごすのが

 

好きなのだという。

 

だから、休日ともなれば、彼は友人達とキャンプや釣りに出掛け、

 

奥さんは家から一歩も出ないというのが普通だった。

 

まあ、それでも、夫婦仲は良いそうなので、さして問題にはならない。

 

ただ、奥さんが唯一、喜んで出掛ける場所があった。

 

それが、美術館や絵画展などの美術鑑賞だった。

 

奥さんは自分では陶芸はするが、絵は描かない。

 

それでも、絵画をのんびりと眺めている時が、もっとも幸せな

 

時間なのだという。

 

そして、その日、彼の奥さんは、一風代わった美術展に出掛けた。

 

それは、美術館ではなく、百貨店の催しだったという。

 

変わった趣向の絵ばかりを集めて展示されているという話を聞いて

 

絵画なら何でも好きだという奥さんは、ワクワクしながら

 

その百貨店へと出掛けた。

 

百貨店の会場に到着すると、どうやら客はまばらな様だった。

 

人気が無いのかな?と思いつつも、これならゆっくりと絵画が見られる

 

と思い、奥さんはチケットを買って会場内に入った。

 

会場には、仕掛けがある絵画や、トリック系の絵画、そして、3D系の

 

絵画など、様々なものが並んでおり、奥さんはそれを楽しみながら

 

回ったという。

 

それにしても、客の数が少なすぎた。

 

これじゃ、赤字だろうな、と思いながら順番に絵画を見て回る奥さんの

 

足が、ある一角で止まった。

 

それを見た時、何か得体の知れない寒気を感じたという。

 

そして、そこには、

 

「人間の血で書かれた絵画」

 

とタイトルが付けられていた。

 

時代は江戸時代の製作らしく、赤黒い線で書かれたその絵には、長々と

 

説明文が付けられていた。

 

しかし、奥さんが興味を持ったのは、そこではなかった。

 

本当に人間の血で書いてあるのかな?

 

それが、奥さんの頭の中で、判断が付けられずにいた。

 

周りには他の客は誰一人いなかった・・・・。

 

奥さんは、あろうことか、その絵を指でなぞり、本物かどうかを

 

確認しようとした。

 

その絵自体は、侍風の男が、さらし首になっている様子を描写したもの

 

であり、さして怖いと感じる事もなかった。

 

ただ、書かれている紙がかなり古くザラザラした感触であり、そして、

 

血で書かれたという絵画の線も、少し盛り上がっているだけで

 

さして変わったところは無かったという

 

その時、奥さんの指に、鋭い痛みが走った。

 

そして、その瞬間、絵画の中の生首が動いたような気がした。

 

奥さんは、指が切れた痛みよりも、目の前の絵画の中の生首が

 

動いたという事実に固まり、その場で立ち尽くしてしまう。

 

そして、ハッと我に返り、血が滴る指を見た。

 

かなりの出血だった。

 

どこで切ったのかは分からなかったが、床に血が滴るほどの出血に

 

彼女は驚き、すぐにその会場を出て、トイレに向かった。

 

そして、傷口を水で洗い流し、止血の絆創膏を貼ると、すぐに

 

出血は止まった。

 

そして、奥さんは何事も無かったかのように、地下の食品売り場で

 

買い物をして自宅へと帰った。

 

それから、しばらくすると、夫も帰宅してきたので、その日は二人で

 

外食に出掛けた。

 

そして、家に戻り、テレビを観ていると、疲れているという夫が、

 

先に風呂に入り、そのまま寝室に向かった。

 

1人になった奥さんは、そのままテレビを観てから、午前0時を

 

回った頃に風呂に入った。

 

昼間に切ってしまった指は、少し痛んだが、我慢できる範囲だった。

 

湯船に浸かり、少しぼんやりとしてから浴槽から出た。

 

そして、シャワーを体を洗っていき、髪を洗おうと思った。

 

シャンプーを手に取り、髪になじませる。

 

何か、いつもと感触が違った。

 

それでも、指で頭皮をマッサージしながらシャンプーをあわ立てる。

 

そして、シャワーでシャンプーを洗い流している時、ふと目の前の

 

鏡を見て、彼女は、思わず固まった。

 

そこには、いつもとは違う自分が映っていた。

 

恐る恐る、視線を下のほうへと向けた。

 

そこには、長い髪の毛が束になって排水溝を塞いでいた。

 

嘘でしょ・・・・・。

 

彼女は、両手の指で自分の髪の毛を触った。

 

その瞬間、まるで何の抵抗も無いかのように、ベチャッと抜け落ちた

 

髪が浴室の床に落ちた。

 

そして、それだけではなかった。

 

鏡に映る彼女の顔は、両方の目が、バケモノのように腫れ上がっていた。

 

痛みはなかった。

 

しかし、そこに映っているのは、バケモノとしか形容出来なかった。

 

彼女は大声で悲鳴を上げ、そして泣き喚いた。

 

その声に、夫が眠そうに起きてきて、浴室にいた彼女に声を掛けてきた。

 

どうした?

 

何かあったのか?

 

しかし、浴室の中からは彼女のすすり泣くような声が聞こえてくるだけ。

 

夫は思い切って浴室のドアを開けた。

 

絶句した。

 

そこには、見たことも無い女が呆然と立っていた。

 

その声から、自分の妻だという事は理解出来たが、その容姿は

 

あまりにも不気味過ぎた。

 

夫は、彼女に声を掛ける事も出来ず、そのまま呆然と立ち尽くすしか

 

なかった。

 

そして、しばらくすると、奥さんは何も言わず浴室から出てきた。

 

それからリビングに移動し、二人で呆然としながらお互いが無言のまま

 

朝を迎えた。

 

そして、夫は会社を休み、奥さんを病院に連れて行った。

 

しかし、どこにも異常は見つからなかった。

 

彼女が思い当たる事といえば、昼間に手を切った事だけだったので、

 

その事も話したが、医師は、それは関係ないと答えるだけだった。

 

しかし、それから、奥さんの顔は、まるで酷い火傷を負ってしまった様に

 

ケロイド状になり、まるで、四谷怪談さながらだったという。

 

それから、何件かの病院を回ったが、結局、原因は分からず・・・。

 

そのうちに、顔だけでなく、体中にも酷く爛れた状態が広がっていった。

 

そして、その中でも一番酷かったのが、あの日、切ってしまい出血した

 

指だった。

 

そのまま、その指はどんどんと腐っていき、そして、まるで生首が

 

落ちるかのように、腐り落ちてしまった。

 

このまま、自分は死んでいくのだと奥さんは恐怖を感じた。

 

しかし、その指が腐り落ちてしまうと、体や顔はどんどんと治癒

 

していき、1ヶ月も経つと、元の姿に戻っていった。

 

髪のハリも戻り、抜け落ちる事も無くなった。

 

そして、それからはまったく異常は消えてしまった。

 

その時の症状が何に起因しているのかは、分からないが、もしかすると、

 

その時、触った絵の祟りだったのでは、と奥さんは考えているそうだ。

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

月下の騎士さん


そりゃー 霊業があるわけ無いじゃろ
Aさんも姫も架空の人物ですから
月下の棋士 URL
2018年07月03日 20:03

いや、Aさんも姫も実在の人物です。
Kさんも現在進行形のサラリーマンで、2足目のワラジが作家で実在の人物です。

障りは在るでしょうね。
読んでるこちら側には障りは在りませんが、Kさん側には在るんですよ。確実に。
あなたが架空だと思うのはあなたの感想ですね。
もし架空の人物達が織り成す物語りがKさんのブログならこのブログは大成功ですね!

でも、架空ではなくて実在なんですよ。実在の人々だから、Kさんは守る為に【Aさん】に【姫】の名称なんですよ。更に【K】なんですよ。
架空の人物なら、名付けて自分の名前も本名を晒すでしょうね。
そうしない、そう出来ないKさんの、一足目のワラジを、読ませて貰っている読者として尊重していただけないでしょうか?

作家の誕生を目の当たりにして、毎日産み出される物語りを楽しみにしている読者の方々の願いをどうか、叶えて欲しい。

読んでないかもですが、言葉は凶器にもなります。
逆に作家を育てる太陽の光にもなります。
私に出来ることは、せめて少しでもKさんに元気になって貰うように応援することしか出来ませんが、あなたような方が続かないように願い声を上げることしか出来ませんが、反論しますね。
Aさんも姫も実在します!!!!

怪異って…
普段はそっぽ向いてるんですよね
実は構ってオーラ出しながら…

美術館巡りが好きな人なら尚更、触っちゃいけないってわかってるはずなのに、理性が働く前に吸い寄せられてしまったのか…コワクナイコワクナイ
指なくなっちゃうってすごいショックな事ですけど、どうか元気に美術館巡りを楽しまれていますよう

祟りでしょうね

こんばんは!
アイス、なくなってしまって残念でしたね…
大監督ちゃんにも少し躾が必要かもしれません。
食べ物の恨みは恐ろしいということを…

それはさておき。
今回のお話ですが、誘い込まれるように触ってしまったんでしょうかね?
美術鑑賞が趣味の奥様が、安易に手を触れるとも思えません。
本当に血で描かれたのか? という疑念に反応したのかも?
いずれにせよ、指一本喪うほどの祟りは相当ですね。
どういう意図で展示したのか、と思ってしまいます。
美術館で覚悟の上で展示していたならともかく、デパートの美術展はもっと気軽なものが多いと思うのですが。
そこから謎に感じます。
でも、最悪の事態にはならずに済んでよかったです。
怖いお話、ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そりゃー 霊業があるわけ無いじゃろ
Aさんも姫も架空の人物ですから

Re: 霊障

M子さん、こんばんは。
いつも、ありがとうございます。
そして、本当にありがとうございます。
助かります!

Re: 初めまして

アンク様、こんばんは。
リアルに手にとって写真をご覧になったならともかく、
ネット上での閲覧で実害が及ぶ事は有り得ないと
Aさんも言っております。
たぶん、その時に偶然、同調してしまっただけだと
思いますので、必要以上に気になされる必要は
無いと思います。
ご参考までに。

台風・・・

語り人のKさん

うわぁ~強風!

つづく

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やっぱり、あの掛け軸ですかね?
テレビ番組、リアルタイムで観ていました。目が開いてました・・・・(昔は夏に、心霊特集みたいな番組をよくやってましたよね)。
あれがデパートで展示されていて、またこんな怖いことが。
元に戻ってよかったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

K様、ここに集う仲間のみな様おはようございます。
このお話しはかなり前にTVなんかで取り上げられてた有名なものですよね。私の田舎の弘前の、とあるお寺に保管されてると聞いてましたけど、、、。
絵画展に出されてるとは知りませんでした。むやみにさわるなんて私はしないけど、命が助かってなによりです。弘前にいる友人達に掛け軸の事を聞いてみます。続報は後ほど

Kさん、読者様、おはようございます!

日本代表、善戦しましたね。
原口と乾の得点はホント素晴らしかった。


今回の絵は、触ってしまったのがいけなかったんですよね。興味があるからとむやみやたらに行動してはいけないですね。指だけですんで良かったです。

K様、皆様おはようございます

サッカーですね。
観てます(o^^o)
あっという間に2点入れましたね!

呪われた絵画が触れる状態で展示してあるとは、、恐ろしいですね(>_<)

やはり本物の血で描かれていたのでしょうか。
私は触る勇気はありません(^^;;

それでは失礼致します

行かなくてよかったわ…汗。

Kさま~
こわすぎる!
金沢にそんな絵が来ていただななんて…
ゴールデンウィークにピクサー展を見たあの場所か?
それとも…あの場所か?
2つしかありませんが笑。
おっとろしぃ~涙。
金沢暑すぎてヤバくなってきましたね~
あの最近までの寒さどこに消えたのだろうか…汗。
アイスの消費量都道府県の中で1位な金沢ですが、
我が家は外では食べますが、家では食べない奴らで
買ってきては放置され、しもがついたアイスが数個放置されて困ってます笑。
氷があるなら!
冷蔵庫の作る氷で作れるかき氷機買って、
シロップつけて食べたらいいですよ~!
旦那に言ってあったのに…
間違えて、型で氷作らないとだめなかき氷機勝手に買ってきました!困った人ですわ~夫…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

懐かしい

もしかして昔テレビで目が開いちゃった、あの、あの絵のことでしょうか?(年がばれる)呪い以外に考えられませんね。でも、そんなにあっさり触れる展示もいかがなものか。
我が家では去年の流行は井村屋のあずきバー。一昨年はガツンとみかん。北国も夏は暑いのですが家にエアコンつける予定はありません。アイスがなければ秋まで持ちません。涙・涙・涙・・・

私も何のお力になれなくて申し訳ないです🙇

今夜のお話は、私の顔面がお化けのように腫れる(事故ですが)髪がごっそり抜ける(病気で)を思い出してゾワゾワしました〰😱
今は回復して、髪もフサフサに戻りましたが…
その奥様も回復されてなによりです😊

ウチもアイスがあるのは見ますが私の口に入るのは、めったにありません💧
しかし、冷凍の✨大判焼き✨だけは譲れません😏

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすがに触ってはいけませんね。

K様皆様こんばんは

すいません、私何の情報もなくて・・・。
ただ1日も早い解決をお祈りしております。

本当に毎日暑いですね。私もアイスを毎日食べてしまってます。
また、補充しなければ!

絵が好きな奥さんが、元に戻られて良かったです。
お風呂場で、そんな自分の姿を見たら、ショックで耐えられそうにありません。

でも、優しいご主人がいて良かったですね。

私なら、愛犬になんとか癒してもらわないと・・・。

では、まだまだ暑いですが、皆様ご自愛くださいませ。

無念だったのでしょうね

K様、こんばんは。言いたくないけど、暑いですね。😰楽しみにしていたアイスが、食べられていたら、そらもうヘコみますね。😨知人の御夫婦、特に奥さま災難でしたね。その絵って、あの有名な絵でしょうか?くわばら、くわばら。😨

🍦🍨🍦🍨🍦🍨🍦🍨🍦🍨🍦🍨🍦みなさんよろしければ🙂

こんばんは!昨夜はいらぬことを聞いてしまい、すいませんでした!相変わらず暑い熱いですよね!私は夏でもお腹が弱いので、ガリガリ君みたいなアイスは無理なんですよね!ラクトアイスも超ゆっくり食べます!後半溶けてますが!さて、血で描いた絵ですか!その奥様はちょっと天然ですかね?それにしても壊死した組織が復元するだなんて、大学のなんちゃら細胞もびっくらぽんですな!いや、その前に、祟りだと思ってお祓いに行くべきでしょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

奥様!

触ったら駄目ですよ!!
でも助かってよかったー。
しかし、どういった経緯で血で描いた絵がデパートの展覧会に流れて来たのか・・・不思議です。