FC2ブログ
                
updated date : 2018/09/28

名前を付けるという事。

語り人Kです。


皆様、お疲れ様です!


来週の月曜日がお休みのうちの娘は明日から3連休。


しかし、着々と進めてきた10月の東京遠征が妻の


逆鱗に触れてしまい、泡と消えてしまった娘は


ふてくされて、隣の部屋で電子ドラム叩いてます(笑)


そして、今日で4夜連続更新。


まさに奇跡(笑)


まあ、明日は片町に出るので更新出来ませんが(笑)


それでは、宜しかったらどうぞ!









愛着があるものには、とかく名前を付けたがる人が多い。

 

ペットもそうだろうと、車やバイクにも名前を付けたりする。

 

そうする事でより一層、愛着が深まるのだとしたら、それは

 

決して悪い事ではないのだろう。

 

しかし、人の形をしたもの・・・・。

 

つまり人形などに名前を付ける場合は、それなりの覚悟をした方が

 

良いのかもしれない。

 

今回はそういう話である。

 

そして、これは俺の知人が体験した話である。

 

彼は趣味で石を収集している。

 

休みの日になると、山や河原に出掛けては珍しい模様の石を探す。

 

彼は、珍しい石の種類に興味がある訳ではなく、石についた独特の変わった

 

模様が好きなのだという。

 

その石にどうやって、そんな模様がついたのか、と思いを巡らせていると

 

時間を忘れる程楽しいらしい。

 

そんな彼がある日、川原で珍しい模様の石を見つけた。

 

その模様はどの角度から見ても、人間の顔、それも女性の顔のように見えた。

 

彼は嬉しくなってその石を家へと持ち帰ると、収集した石を入れておく

 

標本ケースの中に大切にしまった。

 

そして、彼は余程嬉しかったのか、友人達に連絡をし、その石を見せて回った。

 

勿論、その中には俺も居たのだが、正直、その石に浮かび上がった顔のような

 

模様というのは、~の様に見える、というレベルではなく、まさに女性の顔に

 

しか見えないという位、はっきりと石の上に若い女性の顔が浮かび上がっていた。

 

だから、その時、俺は彼に進言した。

 

この石は、持っていてはいけない類の石かもしれない・・・。

 

だから、出来るなら、元在った場所に返して方が良い、と。

 

そして、他の友人達も、その石を見ると皆、気味悪がったらしく、彼に

 

こんな石は早く捨てたほうが良い、と忠告したのだという。

 

しかし、彼のその石に対する執着はとても強かったらしい。

 

いや、友人達から批判された事で却って、彼の気持ちに拍車をかけてしまった

 

のかもしれない。

 

彼はある日、その石に名前をつけた。

 

あえて、名前は伏せておくが、彼にとってはとても大切な存在だった祖母と

 

同じ名前だった。

 

そして、その石を標本ケースにはいれず、常に肌身離さず持ち歩く様に

 

なった。

 

革製の高価な袋に入れて、愛用のセカンドバッグの中に入れて・・・。

 

その頃、彼は言っていた。

 

その石を持っていると、とても幸運が訪れるのだと。

 

何をやっても上手くいき、誰にも負ける気がしない。

 

やはり、この石が俺の元に来たのは間違いなく運命だったんだ!と。

 

確かにその頃の彼は仕事でも好成績が続き、会社でも昇進し、やる事為す事

 

全てが上手く行っていたのは事実だった。

 

だから、周りの友人達も、本当にその石が幸運の石なのだとしたら、それはそれで

 

素晴らしい事だ、と喜んでいた。

 

しかし、ある日、彼は車を運転している時、何処からか女性の声が聞こえたという。

 

車の外を見ても、そんな女性の姿など何処にも無かった。

 

更に、趣味の石集めに行く度に、何故か危険な目に遭う様になった。

 

そして、決定的だったのは、彼が彼女とドライブしている時、突然何処かから

 

”死ね”という声が聞こえ、そのまま彼の運転する車は彼の意志とは違う

 

方向に向かっていき、助手席からガードレールに激突した。

 

彼には怪我はなく、彼女だけが救急車で運ばれた。

 

命に別条はなかったが、それでも、かなりの重症だったという。

 

そして、不可思議な事はそれからも続いた。

 

彼が、病院へと彼女を見舞いに行こうとすると、必ずと言ってよいほど

 

車が故障して動かなくなった。

 

それでも、諦めず、タクシーで病院に向かおうとすると、今度はそのタクシーが

 

事故を起こしてしまう。

 

ドライバーの話では、彼が事故を起こした時と同じように、ハンドルが全く

 

効かなかったという。

 

さすがに彼も、これはおかしいと思い始める。

 

そして、ふと思い出したようにバッグの中に入れておいた石を取り出すと、

 

なんとその石には、以前とは比べ物にならない程、はっきりと、そして

 

細部にわたるまで明瞭な若い女性の顔が浮き出ていたという。

 

しかし、以前、石に浮かび上がっていたのは、無表情な顔だったのだが、

 

その時、彼が見た石には明らかに憎悪に満ちた女性の顔が浮かび上がっていたという。

 

それを見てしまうと、それまでの不可解な出来事が全てその石を持っているせい

 

なのではないか、という気持ちになってしまい、彼はその石を標本ケースではなく、

 

次回、石を収集しに行った時に、その場所に捨てる石ばかりを入れてある段ボール箱

 

の中に無造作に入れてしまったという。

 

そして、それから、しばらくして、彼も病院へと入院する事になった。

 

車を運転中、突然、対向車線から車が突っ込んできて、彼の車と正面衝突したのだ。

 

そして、その時、彼は一瞬、対向車の助手席にニタニタした笑みを

 

浮かべた若い女が座っているのを見た。

 

しかし、その後、警察から聞かされた話では、衝突してきた車には男性1人

 

しか乗っておらず、その男性も突然、ハンドルもブレーキも全く効かなく

 

なってしまい、そのまま彼の車に突っ込んでしまったと供述しているとの事

 

だった。

 

そこで、彼は俺に相談してきた。

 

病院へと見舞いに行った俺は、それまでに彼が体験した様々な不可思議な

 

出来事を詳しく話した。

 

そして、そのうえで、何とか出来ないものか?と相談してきたのだ。

 

勿論、俺はいつものAさんに相談した。

 

すると、Aさんは、

 

人の顔がはっきりと浮かび上がってる石を拾ってくるところが、本当に

 

馬鹿としか言えませんよね!

 

しかも、名前を付けた。

 

いいですか?

 

名前を付けるというのは、人であれ生き物であれ、そして物であっても、

 

名前を付けたものとの間には、間違いなく関係が出来てしまうんです。

 

契約とか、繋がりといっても良いかもしれませんけどね。

 

そして、自分で名前を付けた物に対して、溺愛したり、嫌ったり・・・。

 

そんな事をされたら、とてえ物であっても気分の良いものではありませんから。

 

しかも、顔がはっきりと浮かび上がっている石となると、かなりの確率で

 

何らかの因縁がある筈ですから・・・・。

 

まあ、自業自得というやつですね・・・・。

 

そう言われてしまった。

 

しかし、見舞いに行った時、彼が事故による怪我とは関係なくやせ細り、

 

生気が無かった事を話すと、さすがのAさんも、

 

それじゃ、急がなきゃいけないですね!

 

とりあえず、その石を私の所まで持って来てくれますか。

 

話はそれからですね。

 

そう言った。

 

だから、俺は彼に家の鍵を借りて、片づけてあるという場所から石を取り出して

 

急いでAさんの所まで持って行った。

 

その石を見た時、Aさんは少し驚いた顔をしていたが、

 

わかりました。

 

確かに預かりましたから。

 

また、連絡しますから・・・。

 

そう言って、俺はその場から帰った。

 

そして、それからAさんから何の連絡も無いので心配になってこちらから

 

連絡してみると、Aさんは、いつものように面倒くさそうに、

 

ああ…あの石ですか?

 

然るべき処理をしましたけど?

 

と言ってくるので、

 

また、粉々に砕いたりしたんじゃないの?

 

憂さ晴らしついでに・・・・。

 

と返すと、Aさんは

 

そんな危ない事出来る訳ないじゃないですか?

 

本当に、あの石の事、軽く考え過ぎですよね。

 

あんな危険な石を砕いたりしたら、それこそ、祟られてKさんのお友達は

 

すぐに殺されちゃいますよ?

 

それに、それだけでも終わりそうもないですし。

 

だから、然るべき場所で厳重に保管されてます。

 

毎日、お経を唱えて貰いながら少しずつ呪いを弱めていくしかありませんから。

 

あっ、ちなみに、富山の住職のところではありませんから・・・。

 

だって、富山の住職には一目見るなり、無理だ!って言われましたから。

 

だから、Kさんは、これ以上、あの石には関わらない方が身の為ですよ。

 

知らない方が良い事なんて、この世には沢山在るんですから・・・。

 

そう言われてしまった。

 

ちなみに、その後、友人の所に連絡すると、怪異はピタッと収まり彼も

 

順調に回復しているという事だった。

 

 

コメント

非公開コメント

kさん、おはようございます♪

世の中に知らなくていいものがたくさんあるでしょうが、それでも知りたくなるのもひとの性ですね。
科学的根拠のないもの、ゾクゾクワクワクしちゃいますね。それはある意味、人類の英知を超えたものだと認めてるんですもん。
そこに間違いなくある。
危険を冒してまでとはいかなくても、まだまだたくさん知りたいものがあります。

有名な話のハワイの石をさすがに持ち帰らなかったですが、実際に持ち帰って酷い目にあった人はいるのか。気になります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今晩は。

皆さん、お疲れ様です。                         この場をお借りして。シニョーラ。カイダンスキーさん、お声をかけてくださり有難うございます。宮崎は凄い雨風でした。特に風がひどくて隣の家の物が外れて飛んでくる位でした。幸い、うちの家には被害がなかったものの、後で見たらゾッとしました。シニョーラ。カイダンスキーさんもきをつけてくださいね。                                     中西さんも台風の被害はなかったですか?同じ九州に住む者として心配しています。他にも私達と同じ九州人の方々にも被害がない事をお祈りいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!やきいもさん初めまして。私よくお金💰ひろいます💦ま、仕事がら、釘がよく落ちてる所なので、危ないなーてのはたてまえで、お金拾って飲むジュースは美味しー‼️さて石ですか❗️私ん家も砂利が敷いてあって、たしかに綺麗な石はありますが、べつに❓ですね!石が意思?をもち、人を呪うだなんて、ちょっと説明がつきませんよね❓石に封印されてるんですかね❓富山の住職でも無理てことは…福井の住職❓←だれ❗️台風が来てますが、皆さま気をつけてください。

嵐の前の静けさ🌀

Kさん皆様、おはようございます。m(__)m九州にお住まいの方々、大丈夫ですか?お気を付け下さいませ。m(__)m

拾わされている時

K様こんばんは
台風がまた迫っていますね。宇宙から見ても、まるでお風呂の栓の様だという台風の目…これ以上、甚大な被害が無いことを祈ります。

その石、拾わされたのではないでしょうか?
と、言うのも、私の夫がよく「落ちている硬貨や石は絶対に拾ってはいけない」と言います。(前にもコメントで書いたかもしれません)
あ、100円だ!なんて飛びつきそうになるやいなや、かなり叱られ…(笑)
夫は、子どもの頃に、綺麗な石を拾って帰ったら、それは拾ってはいけない石(拾わされた石)だったらしく、その日から、どんな位置で蛇を見つけても夫に向かってくる様になったそうです。小さい蛇も例外ではなく、田舎道のどこで蛇を見つけても絶対に向かってくる。それは、実は夫が1匹の蛇をいじめたところから始まったようです。子どものする事ですから、仕方のない事だと思いますが、いじめた後に綺麗な石を見つけ、その日から、蛇に追いかけられてしまいます。
幸い、力のある方にみてもらえ「何か石を持っているでしょう?その石を返し、たまごをお供えしなさい」と言われ、おばあちゃんと一緒に石を返しに行き、お供え物をして、謝った事でそれは収まりました。
ですが、夫は未だに蛇は苦手です。
夫の実体験から、石や硬貨は絶対拾ってはいけないときつく言われます。
それは、ほぼ100パーセント拾わされているからだと。
硬貨は、拾えば儲かるので(笑)拾いに行く気持ちはわいてもおかしくないですが、そんな真下のものを見る目線が問題なのと、(心が楽しい時は真下はあまり見ないそうです)
石は普通の人が早々に、綺麗だと思うようなものではないので、そのような石を見つけても触れないこと。触れただけでももう連れてってると言われます。
だったら、おじゃる丸のカズマって大変な事になってるんじゃ…!(笑)

名前の関係性も、以前「死後の世界での結婚式」が出来るお寺?をテレビを見て、恐ろしさを思い知りました。
結婚前に若くして亡くなった娘さんのために、あの世で結婚式を挙げる際、ご親族の強い希望で、結婚するお相手の本名を書いたら、お相手が連れて行かれてしまったと。。。そのお寺でも、本名を書くのは厳禁で、必ずお相手の名前は仮名にしなければならないそうです。名前の繋がりは、強固ですね。
もう20年も前のテレビで見たのですが、そのお寺の話題は心霊特集でも見なくなりました。
テレビで放映しないと言うのは、本物と言う事なのだと思います。
霊障が起こる前に、落ちているものにはみなさん気を付けて頂きたいな…と思います。私も身近な人の実体験から、本当に気をつけるようになりました。
全部が全部では無いでしょうけれども、それに惹かれるのは理由がある事を覚えおかなければなりませんね。

こんばんは(^◇^)

コメントは滅多にしませんが寝る前に毎回読ませて頂いてます。

家で飼ってる魚にも名前を付けてはいけない と聞いた事があります。

死ぬ時に一匹では寂しいから仲間を連れて行く とか?

と言いつつ、水槽の魚、蟹、ぬいぐるみに名前を付けてしまってますが💦

もちろん飼ってる犬達にも名前は付けてます😅

こんばんは☔️

これからも安易に物を拾ってきたり、物に名前をつけないように気をつけたいと思います。

ひとつ、名付けで思い出したことが…。
私が中2の頃のこと…。母の勤め先の男性社員さんに男の子の赤ちゃんが生まれて、どうしても名前が決まらないということで周りに「いい名前はないですか?」と聞いて回ってらっしゃる方がいました。しかしどうもこれだ!と思う名前がないと…。
そんな話を母から聞いた私は「そーなんだー」と聞いていましたが 上のお子さんの名前を聞いた時に本当にフッと名前が頭に浮かびまして…。
その名前がいいんじゃないか、とその名前を母にことづけてもらったら、赤ちゃんのお母さんがたいそう気に入られたそうで採用され、結果 名付け親になったこがあります。

今の私だったら人さまのお子の名付け親になるなどと責任重大なことは絶対にしませんが。若さってヤツは…😥

連日の更新ありがとうございます🤗








思念・・・

語り人のKさん

台風24号、進路は南になりそうですが、皆さんご注意下さい。

九州営業所に赴任して・・・多分、今年で13年目でしょうか。
で、今から10年ほど前、工場作業を終え事務処理を済ませていた夜の9時頃。

ポトリと、天井から事務机の上に落ちてきた・・・ドングリ(笑
?・・・と上を見上げても変わらぬ天板。
・・・トトロ?・・・私はサツキやメイでなく、オッサンやけど。

そのドングリは未だに事務机の引き出しの中に・・・名前はありません。
そんな記憶が甦りました(笑

それでは次回も怖くない話を楽しみにしておりますが、くれぐれもご自愛下さい。




こんにちは。

私も…人形とかクマとか…好きなんですけど。

そうですね。不思議と名前を付ける感覚は無かったですね。

その人形に付いていた名前意外に呼んだり?して無いです。

まぁ〜、小さい時の人形遊び以来…殆ど、置物?な感じですからね。

ブライスって言う人形があるんです。人形毎に名前が付いていた様な。まぁ〜どの子でもブライスと呼んでいたので…違う意味でダメなのかも。

好きだけど、こだわり?はあっても執着は無いみたいです。

人型の物の方が…入りやすいって言いますもんね。

気を付けます。

雨の中、買い物に出てるのですが…そろそろ帰らないと更に雨が強くなりそう。

子供の頃石を拾ってくると
祖母によく怒られました。

石には幽霊が入ってるからって。

それを聞いてから石は
怖いものに位置づけられましたけど笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Kさん 皆さま おばんです。
昔 拝見した『エクソシスト』とか悪霊対決映画で 名前って大事なんだ、と思いました。カスピ海ヨーグルト自家製してた時、 何となく名前つけて育ててましたが 食べきりました。
更新ありがとうございます。

知らないって恐ろしい😱

Kさん皆様、こんばんは。m(__)m大監督、叱られたのですか。😅今日の話は、似たような話を聞いた事があります。やはり、河原できれいな石を拾って帰ってきたら、事故や病気になってしまいその道のプロに見てもらったら、河原から持って帰った石が原因だったそうですし、TVでも持って帰った石を見たら女性の顔が浮き出ている物で、調べたらその土地で以前災害があった時の犠牲者ではないかと言う話でした。有名なのは、ハワイのキラウエア火山の石は絶対、持ち帰り禁止
だそうです。火山の神の怒りに触れるから。なんにせよ、旅行に行った記念に持ち帰るのは思い出と写真、怪しくないお土産物屋さんで買うのが一番だと思います。(*^^*)

ここのところ、冴え渡るKさん。

さすがAさんですね!

Kさん皆様こんばんは

台風がいよいよ近づいておりますが、私は関係なく仕事になりそうです・・・

石は拾ってはいけないんですね。
しかも、女性の顔みたいなのが浮かび上がってるのは、怖くて私は持って帰らないと思います。

ツルツルしてたり、綺麗なら分からないでもないですけど。

名前を着けると繋がりができてしまうんですね。
私は、愛犬以外にはつけてないですね。

単に忘れてるだけかもしれないですけど。

こちらを読む度に、色々と気を付けないといけない事を教えていただけるので、勉強になります!

いつもありがとうございます!

飲みに行くのも、気をつけてくださいね!

では、皆様ご自愛くださいませ。

Kさん、皆さんこんばんは🎵
毎晩、新しいお話を読めるのはすごく贅沢な気がします✨

Kさんの奥様の気持ちは、娘をもつ親としてよくわかります😅
昨今のコスプレイヤーさん達の露出は自分の娘だと思うと…色々と心配になりますしね💦

私も常々、川原に限らず石は拾って帰ってはいけないと思ってましたから Aさんのお話はもっともだと思いました😰
それにしても、そんなに事故をおこさせるほどの強い呪詛だったんですね😱
友人さんと彼女さんの命が助かって良かったです💦